老眼治療CKの適応性の詳細について

老眼を回復させる手術が老眼治療CKですが、この手術は、受けたいからといって誰でも受けられるわけではなく、細かい検査が行われ、検査で問題がない人しか受けることができないようです。
それでは、具体的には、手術前にどのような適応検査が行われ、どのような人が受けられないのか見ていきます。
老眼治療CKの適応基準として、45歳以上の人がひとつの基準になっているようです。
これは、クリニックによって異なる場合があります。
また、矯正なしで裸眼できちんとみえ、視野の狭まりや視野欠損などない健康な目である必要があります。
そして、老眼鏡がなければ近くが見えづらい人も基準になります。
また、老眼は、確実に進行しますので、将来再び近くが見えづらくなる可能性があることを理解している人であることなどを手術前に確認しておく必要があります。

none

最新投稿